CPAについて

設立趣旨

ひとつのコンベンションの開催には、企画運営業、映像・音響レンタル業、ディスプレイ業やホテル・コンベンション施設、旅行業、運輸・輸送業など、多岐に亙る業種の事業者が関わっています。これら事業者たちは、実際には協力しあい補いあってコンベンションの成功のために力を尽くしているのですが、特に業界の組織としてまとまっているわけではありませんでした。

近年、各地のコンベンション施設の整備が進んだこともあり、コンベンションは全国各地で開催されるようになりました。

このような中で私たち事業者は、単なる事実上の協力関係に終わらず、明確な組織・システムの下、互いの意見や情報を交換し共有するとともに、同じ目的を確認し合って共に向上を目指し、コンベンションの隆盛に貢献していかなければならないと考えました。そこで生まれたのが日本コンベンション事業協会(CPA)です。

CPAは、全国どこでもレベルの高い運営サービスを提供できるよう、コンベンション技能の向上やサービスの基準化・標準化などをはかり、各地の主催者をはじめ行政やコンベンションビューローの皆様のお役に立つよう努力していきます。

どうかCPAの活動にご理解とご支援をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

ページの一番上に戻る